ブルーベリーで高血圧予防をする

ブルーベリーに含有されている植物色素のアントシアニンという成分には、実は生活習慣病の予防効果があることが最近の研究によって解ってきました。

 

生活習慣病とは、例えば「糖尿病」や「脂質異常症」、あるいは「高血圧症」などといった、内臓脂肪の蓄積が原因となって発症する病気です。

 

こうした多くの生活習慣病の予防のためには、まず内臓に脂肪を溜めないようにすることが大切なポイントのひとつとなっています。

 

日常から健康的な食生活を心掛け、併せてウォーキングやジョギング、筋トレなどの運動を取り入れながら生活を心掛けるようにしましょう。

 

生活習慣病を予防するために、ブルーベリーに含まれているアントシアニンを活用するポイントとしては、「カロリーの取り過ぎを防ぐ」という効果があるという事です。

 

アントシアニンにカロリー過剰摂取を防ぐ効果がある事は、研究機関による動物実験によって証明されました。

 

研究機関による実験では、一方のマウスのエサの中には高カロリーのエサと、アントシアニンとを含めたエサ与えました。そしてもう一方のグループのマウスには高いカロリーのエサだけを与えました。

 

実験の結果は、アントシアニンが混ぜ込まれたエサを継続的に食べていたマウスは脂肪の合成量が減っている事がわかり、また併せて内臓脂肪の付着も少なかったという結果が証明されました。

 

また、上記の実験では併せて「アントシアニンを摂取していたマウスの血液中に含まれている脂肪成分も少ない」という結果が証明されています。アントシアニンの継続的な摂取により、血液をサラサラにする健康効果も証明されたという事になります。

 

これは「血管拡張作用」と呼ばれている効果があるためで、アントシアニンを継続的に摂取する事で高血圧を予防し、毛細血管での血流量を増やす事ができると言われています。

 

こうした理由からも、アントシアニンを継続摂取する事で動脈硬化予防、高血圧予防にも繋げる事ができるため、生活習慣病を初めとして様々な健康効果を期待する事ができるのです。

最近目が疲れていませんか?ブルベリーアイって、
  • どんな成分が入っていているんだろう
  • 実際に効果はあるの?
  • どれくらいの期間飲めばいい
ブルベリーアイの疑問や効果を徹底的に調査してみました!