簡単に目の疲れを取る三つの方法

スマホやパソコンが普及した昨今、目の疲れを日常的に感じている人が多くなっています。

 

あなたも、こんな悩みを抱える一人ではありませんか?私もその一人で、常日頃から目の上側「まぶたの付け根あたり」に圧迫感をよく感じたりしています。

 

私はスマホゲームやオンラインゲームが大好きで、デスクワークが終わって家に帰っても、一日何時間も遊んでいる事が多い生活をしていたのです。

 

そんな私が、よく行っている目の疲れをとる、誰でも可能なお勧めの方法を紹介します。

 

意外と効くツボ押し

まずご紹介したい方法はツボを押す方法です。ツボなんてマユツバで胡散臭いなんて思ってしまいがちですが、意外と効くのでぜひ試してみてください。

 

目の疲れに効くツボはいくつかありますが、効果が最もわかりやすいのが眼窩上孔(がんかじょうこう)と呼ばれるツボです。

 

場所は目頭の上の部分のまゆ毛のあたりです。右と左の両側を5秒ほど押してみてください。

 

このツボは特に即効性があり、目に感じていた不快感が和らぐと思います。ただしあくまで一時的なもので、しばらくするとまた疲れを感じると思います。

 

40度前後で目を温める

次に紹介したいのは目を温める事です。よく居酒屋さんなどでサラリーマンおじさんなどが熱いおしぼりを目の上にのせているイメージがありますが、実はあの行為は目の疲れを取る事に優れています。

 

目を温める行いで血行を良くし、目に溜まった疲労物質を流してくれ、目の周辺の筋肉を柔らかくすれば、疲労を和らげる効果があると思います。

 

ただ顔にあっためたタオルをのせるのは恥ずかしいと思われる方は、ご自宅のお風呂などで試してみてください。

 

おすすめの温度は40度前後で温める事なので、お風呂の温度もちょうど適していると言えます。この温めるという行為は実はドライアイなどを防ぐ効果もあるのでおすすめです。

 

 

市販の物だと、めぐりズムの「蒸気でアイマスク」なんかが使ってみて良かったです。ドラッグストアなんかでも置いているので、試してみてね。

まとめ

今回紹介した内容以外にも目薬をさす方法や、定期的に遠くを見る、植物を見る、などでもだいぶ目の疲れを軽減出来ます。

 

子供の頃、眼科で遠くの映像を眺めている機械があり、その映像をずっと見ているだけの時間がありました。これは何の為にしていたのか分からなかったけど、今思うと「定期的に遠くを見る」これにあたるんだなーって思い出しました。

 

またビタミンCを取る事も目には大切な事なので、普段からブルーベリーといった果物を食べるなど、積極的に摂取するようにしましょう。

 

いくつかの目の疲れを取る方法を紹介させていただきました。どれもちょっとしたことで簡単に行うことのできる方法だと思うので、ぜひ実践してみてください。

 

日頃のこまめなケアを行い、スマホやPCなどの目への刺激の強い現代社会を乗り切っていきましょう。

最近目が疲れていませんか?ブルベリーアイって、
  • どんな成分が入っていているんだろう
  • 実際に効果はあるの?
  • どれくらいの期間飲めばいい
ブルベリーアイの疑問や効果を徹底的に調査してみました!